ゼロカーボンシティの実現を目指して

真鶴町のゼロカーボンシティ実現のため、令和3​​(2021)​年度は次のことに取り組みました。

 

・「真鶴町ゼロカーボンシティ宣言」を表明

「美しい真鶴町」を守るために、町民・行政・事業者が一体となり、「令和32(2050)年までに二酸化炭素排出量実質ゼロ」(カーボンニュートラル)の実現に向けて挑戦すると宣言しました。

・地球温暖化対策実行計画<事務事業編>を策定

町の事務事業(主に公共施設)における温室効果ガスの排出量を、令和12(2030)年度に平成25(2013)年度比で40%削減するという目標を掲げ、この計画に基づく取り組みを開始しました。

・町ができることを調査

環境省補助金を活用し、令和32(2050)年までにカーボンニュートラルを達成させるための町に見合った方策(太陽光発電、公共交通の見直し等)を明らかにしました。

 

温室効果ガス排出量の削減率

平成25(2013)年度に1,665.1t-CO2であった排出量は、令和3(2021)年度に1,183.5t-CO2まで減少しました。全体で約28.9%減となりました。

また、電力の温室効果ガス排出量は、省エネ設備を導入したこと等により、約33%削減することができました。一方、軽油は、コミュニティバスや幼稚園マイクロバスの使用燃料がガソリンから変更されたことにより、排出量が増加しました。さらなる地球温暖化対策の推進のため、公共交通の見直し等を行ってまいります。

 

お問い合わせ先

税務町民課町民生活係

住所:〒259-0202 神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
電話:0465-68-1131
ファックス:0465-68-5119

お問い合わせはこちら

更新日:2022年08月31日