戸籍の届出

 戸籍は、出生や結婚、死亡、親子関係などの身分関係を公簿上明らかにしておくもので、夫婦と結婚していない子ども単位で一つの戸籍ができます。この戸籍のあるところを本籍地といいます。

 届出にあたっては、本人確認ができるものの提示をお願いします。
詳しくは窓口での本人確認についてをご覧ください。

届出一覧表
  届出期間

届出人

届出先

必要なもの ご注意
出生届 生まれた日から14 日以内(生まれた日を含む)

1.父または母
2.同居者
3.出産に立ち会った医師、助産師などの順

出生地、本籍地または届出人の住民登録地のうち、いずれかの市区町村 ・届出書1 通
・印鑑(朱肉を使うもの)
・母子健康手帳
・命名は、常用漢字、人名漢字、ひらがな、カタカナ
に限ります。
・届出書の右半分に医師の証明を受けてください。
死亡届 死亡の事実を知った日から7日以内 1.同居の親族
2. 同居していない親族
3.同居者
4.家主
5. 地主
などの順
死亡したところ、死亡者の本籍地または届出人の住民登録のうち、いずれかの市区町村 ・届出書1 通
・印鑑(朱肉を使うもの)
・届出書の右半分に医師の証明を受けてください。
婚姻届 届出が受理されたときが法的に婚姻の日になります。 夫及び妻になる人 届出人の本籍地または住民登録地のうち、いずれかの市区町村 ・届出書1 通
・印鑑(一方は旧姓、朱肉を使うもの)
・運転免許証など

 
・届出書の証人欄に成年者 2人の署名押印などが必要です。
・本籍地以外の市区町村に届出は、戸籍全部事項証明書(謄本)が必要です。
 
協議離婚 届出が受理されたときが法的に離婚の日になります。 夫及び妻 届出人の本籍地または住民登録地のうち、いずれかの市区町村

・届出書1通
・印鑑(夫と妻のもの、朱肉を使うもの)
・運転免許証など

・届出書の証人欄に成年者 2人の署名押印などが必要です。
・本籍地以外の市区町村への届出は、戸籍全部事項証明書(謄本)が必要です。
・離婚後、離婚の際の氏を称するときは、別の届出が必要です。
・20歳未満のお子さんがいる場合、親権者を定めておくことが必要です。
 

裁判離婚 調停の成立日または審判・判決確定日から10日以内 原則申し立てをした人 届出人の本籍地または住民登録登録地のうち、いずれかの市区町村 ・届出書1 通
・印鑑(夫と妻のもの、朱肉を使うもの)
・調停調書などの裁判所発行の書類
・運転免許証など
・本籍地以外の市区町村への届出は、戸籍全部事項証明書(謄本)が必要です。
  • その他の届出については、町民生活課にお問い合わせください。
  • 死亡届に関し、亡くなった人の住民登録地で後日、諸手続がありますので、詳細はお問い合わせください。
  • 婚姻、協議離婚、養子縁組、養子離縁、認知の届出について、「第三者のなりすまし」や「一度は届出の意思をもち、署名・押印したが、提出する前にその意思を翻したとき」など、本人の意思に基づかない届出が受理されることを防止する「不受理申し出」ができます。
  • 婚姻届、離婚届等を出しても、住所は自動的には変更されず、別途手続が必要です。
  • なお、休日、時間外の場合、住所異動の届出は受付できません。
お問い合わせ先

町民生活課町民係


住所:〒259-0202 神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
電話:0465-68-1131(内線231,232,233,234,237)
ファックス:0465-68-5119

問い合わせはこちら

更新日:2017年03月10日