真鶴中学校給食実施計画

中学校給食施設の実施方式等に関する報告書について

 平成26年に学校給食事業検討委員会を立ち上げ、町民に対する中学校給食に関する説明会や、保護者や児童生徒へのアンケート調査、パブリックコメントの聴取を行い、平成28年に同検討委員会にて中学校給食の目指す姿として、これからの子育て支援の充実の視点から、中学校では給食を実施することが望ましいとの考えが示されました。そこで完全給食実施に向けて真鶴町に合う実施方式を判断するため、「自校方式」、「センター方式」、「親子方式」の3方式に絞り、調査のためのコンサル業務を委託しました。

 また、真鶴町では令和3年3月に真鶴町学校施設個別施設(長寿命化)計画を策定しており、令和10年度までの学校施設の具体的な取り組み方針等を示しております。その中で、まなづる小学校、真鶴中学校及びひなづる幼稚園は全て長寿命化には適さないと判断しており、3施設共2030年半ばから後半にかけて更新時期を迎えることとなります。

 真鶴町教育委員会では中学校給食実施計画調査報告書と、真鶴町学校施設個別施設(長寿命化)計画をもとに、幼・小・中の校舎の問題と財政的な課題も併せた総合的な取り組みが必要であることから、今後の教育施設について検討を重ねていきます。

お問い合わせ先

教育課教育総務係

住所:〒259-0202 神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
電話:0465-68-1131
ファックス:0465-68-5119

お問い合わせはこちら

更新日:2022年03月03日