新型コロナウイルス感染症の動向について

新型コロナウイルス感染症とは

感染症の自覚症状について

新型コロナウイルス感染症はウイルス性の風邪の一種で、自覚症状として以下の症状が発生することが特徴です。

  • 咳が長引く(1週間前後)
  • 発熱やのどの痛み
  • 息苦しさ
  • 強いだるさを感じる

感染から発症までの潜伏期間は、1日から14日間(多くは5日間から6日間)といわれています。

また、重症化すると肺炎を発症し、死亡例も確認されていますのでご注意ください。 特にご高齢の方や基礎疾患等のある方は、重症化しやすい可能性が考えられます。

 

感染経路について

新型コロナウイルスは、主に飛沫(ひまつ)感染と接触感染によりうつるといわれており、特に、密閉・密集・密接の3つの密の条件下では感染力が高まりますので、注意が必要です。

飛沫感染とは 感染者のくしゃみ、咳、つばなどによる飛沫と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染すること。
接触感染とは 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付き、それを他の方が触るとウイルスが物から手に付き、その手で口や鼻を触ることによりその方の粘膜から感染すること。

飛沫が発生しやすい行動や、ウイルスを吸い込みやすい環境下では更に感染力が高まるといわれており、注意が必要です。 

 

注意すること

外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにはこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗ってください。

咳などの症状がある方は、マスク着用などの咳エチケットを行ってください。

持病がある方やご高齢の方におかれましては、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意をしてください。

新型コロナウイルス感染症医療体制の強化について

町では、重症化するリスクのある方を含め、必要な方が適切なタイミングで安全に医療を受けられる体制を確保します。そのために、どのような方に、どのような場合に相談・受診いただくのが適切なのか、次のとおり目安をお示しします。

相談・受診の前に心がけていただきたいこと(相談・受診の目安が変更になりました)

  • 発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控えてください。
  • 発熱等の風邪症状がみられましたら、毎日、体温を測定し、記録しておいてください。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

帰国者・接触者相談センター等が設置されています

相談をする場合の目安は次のとおりです。

  • 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

   ☆息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、光熱等の強い症状のいずれかがある場合

   ☆重症化しやすい方(注)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

   (注)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を      

      受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

   ☆上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

    (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強 

     い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければなら

     ない方も同様です。)

  • 相談は、帰国者・接触者相談センター(地域により名称が異なることがあります。地域によっては医師会や医療機関等で相談を受け付けている場合もあります。)にお願いします。

(妊婦の方へ)

 妊婦の方におかれましては、念のため、重症化しやすい方と同様に早めに帰国者・接触者相談センターや、かかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

(お子様がいる方へ)

  小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

 なお、この目安は国民の皆さまが相談・受診する目安です。これまで通り検査については医師が個別に判断します。

  • 新型コロナウイルス感染症の検査体制の強化や市内医療機関の負担軽減を図るため、「おだわら予約制PCRセンター(集合検査場)が開設されます。実施方式は、自動車に乗車したまま検査を行う「ドライブスルー」方式です。ただし、検査を受けられる人は、かかりつけ医などの医療機関でPCR検査が必要と判断された方となります。ご心配な方は、かかりつけ医または地域医療連携室にご相談ください。      小田原医師会 地域医療連携室 :0465-47-0833

医療機関にかかるときのお願い

  • 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、そで、ひじの内側などを使って口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。
  • 受診前に必ず医療機関に電話連絡をし、現在の症状をお伝えの上、受診時間や受診方法を確認してください。

相談センターに相談後、帰国者・接触者外来の受診を勧められた場合

新型コロナウイルスの診断基準は次のとおりです。なお、相談者には、保健所(小田原保健福祉事務所)から個別に受診連絡をしますので、施設名は非公表となります。

  • 「新型コロナウイルス感染者」と濃厚接触した方で、1.発熱(37.5度以上)または2.呼吸器症状を有する方。
  • 発症前2週間以内に「流行地域(以下リンクを参照)を訪問した」または「流行地域への渡航歴がある者と濃厚接触した」方で、1.発熱(37.5度以上)または2.呼吸器症状を有する方。
  • その他、医師が総合的に判断した結果、新型コロナウイルス感染症を疑う場合には、各自治体(真鶴町の場合は小田原保健福祉事務所が担当)と相談の上、帰国者・接触者外来が案内されます。

予防手段について

外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにはこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗ってください。咳などの症状がある方は、マスク着用などの咳エチケットを行ってください。持病がある方やご高齢の方におかれましては、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意をしてください。

町内および近隣の新型コロナウイルス感染症情報

神奈川県小田原保健福祉事務所管内(小田原市・南足柄市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・箱根町・真鶴町・湯河原町)の新型コロナウイルス感染者情報については、下記のリンクをご覧ください。なお、4月17日より神奈川県の記者発表資料において、患者の居住地別累計数が記載されるようになりました。

お問い合わせ先

健康福祉課保健係

住所:〒259-0202 神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
電話:0465-68-1131(内線245,246,247)
ファックス:0465-68-5119

お問い合わせはこちら

更新日:2020年04月28日