学校教育目標・経営方針

令和2年度 学校経営グランドデザイン

令和2年度 学校教育目標

自分を大切に 仲間や学校を大切に 町を大切に

~ 自立をめざし 自分のよさを生かし まちづくりに参加できる子の育成 ~

<めざす児童の姿>

1.進んで学び 深く考える子

・自らの問題意識と考えをもち、仲間との対話を通して考えを深める。

・よく聞き、しっかり話し、自分の考えを書き、基礎基本の力を身に付ける。

・多くの人やものにふれ、郷土の自然や歴史・文化などのよさを知る。

2.自分も相手も大切にし 優しい

・自他のよさや違いを認め合い、みんなと高め合う。

・感謝の心をもち、美しいものや行いに感動する。

・よいと思うことは進んで行う。

3.心も体も元気で たくましい子

・元気な挨拶、素直な返事、正しい言葉遣いをする。

・健康や安全に注意して、病気やけがの予防に努める。

・つらいと思うことも前向きに取り組む。

<めざす教師の姿>チーム真鶴

1.授業を大切にする教師

2.常に児童と共にある教師

3.心豊かで研修意欲のある教師

4.言葉の力を育む教師

学校経営方針

1.一人一人の人権を大切に、笑顔がいっぱいの学校

2.毎日の授業を大切に、確かな学力の向上を図り、楽しく学べる学校

3.家庭や地域とのつながりを大切に、児童の安心・安全を守る学校

指導の重点

(1)学年団経営の推進

 児童数の減少に伴い小規模化の傾向を受け、学級経営はもとより、学年団経営の推進を図り、学年団で日常的に情報共有をし、合同授業や交換授業などの指導形態や方法を積極的に工夫して、誰もが安心して自己実現のできる集団づくりに努める。

  • 一人一人の児童について、思いやりと向上心のある学級集団づくりに努める。
  • 児童一人一人に自己実現の喜びが表れ、共に高め合う学級・学年団経営に努める。
  • 家庭との連絡を密にし、保護者との信頼関係を深めて児童の育成に努める。

 

(2)学習指導

 真鶴町の子供たちの実態と今日的課題を踏まえ、幼・小・中一貫教育を土台とし、新学習指導要領の円滑な移行と実施に努める。

  • 学級・学年経営を基盤とした「授業に関する真鶴スタンダード」に努める。

    1.落ち着きのある授業 2.学び合う授業 3.確かな学びのある授業

  • 一人一人の学びを確実にするために、指導体制の改善や指導方法の工夫、指導と評価の一体化等のきめ細かな指導の充実に努める。
  • 学びへの意欲を高め、考える力や活用する力を育む深い学びのある授業の創造に努める。

・「考える力の育成に向けた学び合いの授業の充実」

     ・「書く活動を効果的に取り入れ、学びの定着を図る学習活動の工夫

     ・「学習のめあてとまとめが明確に位置付けられた授業づくり」

(3)情報教育 ~ICTを活用した教育の推進~

  • 児童が教育機器や資料を選択して、主体的に学習ができるようにする。
  • インターネットやタブレット等のICT機器の効果的な活用により、基礎的な情報活用能力の育成を図る。
  • プログラミング教育を含めた情報教育の系統性を意識した指導計画を作成・実践する。

(4)外国語教育 ~英語専科教員を核とした「外国語活動」(中学年)・「外国語科」(高学年)~

  • 外国語やその背景にある文化の理解を深め、外国語活動・外国語科を通して系統的にコミュニケーション能力の育成に努める。
  • 新たに教科となった外国語科の評価の在り方を研究する。

(5)道徳教育 ~「特別の教科 道徳」の全面実施~

  • 年間指導計画をもとに、多様な指導方法を取り入れた授業を行い、「考え、議論する道徳」の実践に努める。
  • 「特別の教科 道徳」で学習したことをきちんと記録し、適正な評価に努める。

(6)人権教育

  • 教職員の人権感覚を磨き、児童の人権感覚を啓発するとともに、発達段階に即した指導を工夫しながら、お互いの人間性を尊重する心を育てる。
  • 児童の権利に関する条約の精神を生かし、児童一人一人を大切にした人権意識を高める。

(7)ふるさと教育

  • 真鶴の「自然」「歴史・文化」「くらし」について、保護者・地域の方の教育力を活用し、発達段階に応じて、体験的な学習や探究的な学習活動を実践し、改善を進める。

(8)保健安全指導

  • 健康安全な生活をするための心構えや判断力を身に付け、自ら健康管理や安全に心がける児童の育成を図る。
  • 危機対応能力を養い、交通安全や防災、防犯に関する意識を高める。

(9)児童指導

  • 児童への指導・支援体制を確立し、全職員共通理解と協力により、一人一人の発達段階に応じた指導に努める。特に、全学年単級となることに伴う人間関係の固定化による懸念に対応する児童指導の在り方を検討する。
  • いじめ・不登校の未然防止・早期発見・早期対応に努める。
  • 児童がいじめ問題について主体的に考え、行動する教育活動に努める。(全校いじめ防止朝会)
  • 仲間を意識し始めるいわゆる「ギャングエイジ」と呼ばれる小学校中学年でのコミュニケーション能力を育てる具体的な指導を検討する。
  • 校内の指導・支援体制に加え、スクールカウンセラー(SC)、スクールソーシャルワーカー(SSW)、不登校訪問相談員、児童相談所、保健福祉事務所等、外部機関との連携を図る。

(10)インクルーシブ教育

  • 教育相談コーディネーターを中心に校内支援体制を確立し、個に応じた支援の充実に努める。
  • 支援を必要とする児童の望ましい人間関係をめざし、児童理解を深め、共に育つ視点に立ってインクルーシブ教育を推進する。

 

今年度の重点

重点1 確かな学力の向上~新教育課程の確実な実践~

重点2 豊かな心の育成~交流の充実~

重点3 健康な心身の育成~安全教育・体力つくりの充実~

重点4 安全な授業の実施及び安全に配慮した学習指導

今年度の具体的な取組

(1)学びづくりプロジェクト(確かな学力と主体的・対話的で深い学びづくりの推進)

  • 幼稚園(保育園)・小学校・中学校の12年間を見通し、教育目標や教育活動について共通理解を図るとともに、三者が一貫した学びや育ちの連続性を意識した教育活動を展開する。
  • 「教育の魅力化」を実現する幼・小・中一貫教育による新たな真鶴町教育の創造)
  • 教育課程や指導方法の工夫・改善に努め、積極的に授業公開や計画的な校内研究・校内研修を進め、指導力の向上に努める。
  • 日々の授業の目標やめあてを明確にし、振り返りの場を設定して、主体的に学び合う活動を重視することにより、学ぶことの楽しさ、わかる、できる喜びを体験させ、学習意欲を高める。
  • 考える時間を保障し、発表の場や話し合い活動を充実させ、思考力、表現力、創造力を育てる。
  • コミュニケーション能力を高めるための場を工夫し、「書く力」を含めた自己表現力を高める
  • プログラミング教育を含めた情報教育の系統性を意識した指導計画を作成・実践する
  • 外国語活動・外国語科を通して系統的にコミュニケーション能力の育成に努めるとともに、新たに教科となった外国語科の評価の在り方を研究する。
  • TT・少人数や交換授業など指導方法を工夫して、一人一人の学力を向上させる。
  • 朝の学習の時間(算数ステップ等)を充実させるとともに、効果的な朝モジュールの実践を行う
  • 朝の読書タイムや読み聞かせ等を通して、読書活動の充実と豊かな心を育てる
  • 保護者との連携を図り、一人一人の力に合った課題づくりと家庭学習の習慣化を図る。(家庭学習がんばり週間の取組

 

(2)ふれあいプロジェクト(豊かな心や思いやりの育成)

  • あいさつ運動を実施し、校内だけでなく、誰にでも挨拶ができるように指導し励行を図る。
  • なかよし班活動や学年団交流を推進し、思いやりやリーダーシップの育成を図る
  • 学校生活の様々な場面で、「命」を大切にする心を育てる。(道徳教育の推進)
  • 学校生活の様々な場面で、「人権」を大切にする教育を推進する。
  • 地域の特色や人材を生かし、郷土の良さを知り、郷土を愛する気持ちを育てるとともに、学習したことを発表したり、地域で生かしたりする機会を増やし、創造力や表現力を高める。(ふるさと教育の充実)
  • 歌声や音楽を効果的に活用し、心を和やかにする。(音楽朝会・効果的な生活BGM)
  • 学年に応じて、相手や場を考えた言葉遣いや態度ができるようにする。

 

(3)元気・安全プロジェクト(健やかな体の育成・児童の安全への意識化)

  • 健康的な生活リズム(睡眠・食事など)を見直し、基本的な生活習慣の定着に努める。
  • 病気やけがの予防に努める。
  • 体力テストを通して、自分の体力を知り、年間を通して体育や休み時間などに進んで運動に取り組み、体力の向上に努める。(体力向上サポーターの有効活用
  • 様々な「食」と関わる場を通して、自らの「食」のあり方を見直し、改善を図る。(食育の推進
  • 交通・防犯・防災など身の回りの安全についての意識を高め、日頃から自ら安全な行動がとれるようにする。(防犯・防災教育の充実

 

(4)児童指導・支援教育の充実

  • 魅力ある学校経営・学級経営を行い、いじめ・不登校の未然防止に努め、日頃から児童の実態を把握して組織として対処する。(アンケート・Q-Uの実施と分析・活用)
  • 児童の生活行動の実態から課題を把握して全職員で指導する。(スマホ・インターネット等)
  • 教育相談コーディネーターや心の相談員を中心に、校内支援体制を確立し、一人一人のニーズに応じた適切で、きめ細かな指導を行う。(校内教育支援委員会・リソース・ケース会議)
  • スクールカウンセラーや小田原養護学校などの関係機関と連携して、よりよい支援に努める。

 

(5)家庭・地域・幼保小中のネットワーク体制の推進

  • 教育活動全般にわたって外部講師やスクールサポーターを生かしたり、関係機関による出前講座などを積極的に取り入れたりして、学校生活全般を豊かにする。
  • 学校公開や学校行事及び学校だより・学年学級通信等を通して、保護者や地域の方々に学校の教育活動や取組を理解していただく。
  • 学校評価を通して教育活動の説明責任や開示を行い、保護者の願いや地域の実態把握と活用に努め、保護者と地域に信頼される学校づくりを推進する。
  • 地域の一員としての意識をもたせ、地域活動やまちづくりに進んで参加する。
  • 保護者と地域と学校が連携して、児童の安全・安心を確保する。
  • 地域の関係団体と連携を密にして、よりよい教育活動を推進する。

 

(6)校内研究・校内研修の充実

児童一人一人を生かし伸ばしていく教育活動、将来に生きる力を育む教育活動を進めるために、研究・研修を通して教師自身の資質能力や指導力・授業力の向上を図る。

  • 町指定研究と連携した共同研究を通して、主体的・対話的な学びづくりに向けた授業力の向上を図る。
  • 経験者研修などを通して、個人の研修に留めることなく、お互いに学び合う場とする。(2年経験者研修、3年経験者研修、中堅教諭等資質向上研修など)
  • 町人材育成支援プロジェクトと連携し、総括教諭を核とした若手教員の指導力の向上に努める。
  • 教材研究を深め、自主的に授業公開し合う中で、教師の力量を高めていく。
  • 年間を通して、校内研修を計画的に実施し、校内の教育活動に生かす。
  • 「意識化・行動化・継続化」の徹底を図り、年間を通して学校不祥事防止に努める。
  • 働き方改革の視点に立って、現状と課題を把握し、改善を図るように努める。(具体的方策の実施)

 

(7)安全な授業の実施及び安全に配慮した学習指導

  • 体育、図工、理科、家庭科等、実技や実験、作業等を伴う授業について、教具の扱い方も含めた安全配慮事項を確認しながら、学校事故が起きないよう、最善の注意をはらう。
  • 校外学習の実施にあたっては、下検分を確実に行い、安全配慮事項を確認の上、安全面に十分に留意しながら実施する。
  • 互いの授業を観察しながら、各教科・各学習の安全配慮事項の在り方に係る意識を深める。

更新日:2020年05月18日