害虫の駆除

ハチの巣の駆除は、危険です

ハチは春から初夏にかけて軒下、庭木・枝の茂み、戸袋、土中などに巣をつくります。夏から秋には、子育て等のために活動が活発になります。巣に近づくだけでも、攻撃してくる可能性があります。庭木の手入れなどで茂みに入る場合は、周りにハチがいないか十分気をつけてください。
刺された時は、詳しい処置について医療機関にご相談ください。気分が悪くなる・めまいがする・かゆい・息苦しいなどの症状が出た場合は、すぐに医療機関で受診してください。特にスズメバチの巣の駆除は、大変危険です。専門業者(有料)に依頼されることをお勧めします。

町ではハチの巣の駆除を行っておりません。ハチの巣がある土地の所有者もしくは管理している方から、直接専門業者へ駆除依頼をしてください。

ハチの巣の駆除料金

駆除料金は、ハチの種類、巣の大きさ・高さ、場所等の状況によって、違う場合があります。依頼の際は業者に詳しく状況を伝えて、事前によく確認してください。

公共の場のハチの巣

蜂の巣の駆除のイラスト

町が管理している公共の場については、町の担当課が対応することがあります。ご不明の場合は、町民生活課または担当していると思われる課へご相談ください。

その他の害虫

・セアカゴケグモ

背中に赤い模様をもつ小さなクモで、ここ数年関西でも多く見かけられるようになりました。強い毒を持っていますが、攻撃的な性格ではないため、触ったりしない限り咬まれることはありません。咬まれた場合は、傷口を流水で洗い、患部を冷やして直ちに病院で診察を受けてください。

お問い合わせ先

町民生活課環境係

住所:〒259-0202 神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
電話:0465-68-1131(内線235,236)
ファックス:0465-68-5119

お問い合わせはこちら

更新日:2018年03月30日