身体障がい者手帳の交付

身体障がい者手帳は、身体に一定以上の障がいのある人が、さまざまな福祉サービスを利用するために必要な手帳です。障がいの程度により1 級から6 級に区分されています。

手続きに必要なもの

・身体障がい者手帳交付申請書
・指定医師の診断書
・写真( 縦4 センチメートル×横3 センチメートルの顔写真、脱帽)
・印鑑
申請書・診断書の用紙は健康福祉課にあります。

療育手帳の交付

療育手帳は、知的な障がいのある人が、さまざまな福祉サービスを利用するために必要な手帳です。障がいの程度によりA1、A2、B1、B2に区分されています。

手続きに必要なもの

・療育手帳交付申請書
・基礎調査票( 18 歳以上の方)
・写真( 縦4センチメートル ×横3センチメートル の顔写真、脱帽)
・印鑑
申請書・調査票の用紙は健康福祉課にあります。

精神障がい者保健福祉手帳の交付

精神障がい者保健福祉手帳は、精神に障がいのある人が、自立と社会復帰、社会参加の促進を図るためにさまざまな支援策を講じるために必要な手帳です。障がいの程度により1級から3 級までに区分されています。

手続きに必要なもの

・精神障がい者保健福祉手帳交付申請書
・指定医師の診断書または障害年金の証書
・ 年金振込通知書または年金が振り込まれている通帳( 受
 給されている方のみ)
・写真( 縦4センチメートル ×横3センチメートル の顔写真、脱帽)
・印鑑
申請書・診断書の用紙は健康福祉課にあります。

障害福祉サービス

障がい( 身体・知的・精神) のある人の能力や状況に応じたサービスを利用できるよう、町が一元的にサービス提供を支援します。
利用できる障害福祉サービスは、介護の支援を受ける場合には「介護給付」、訓練等の支援を受ける場合は「訓練等給付」に位置づけられ、それぞれ、利用の際の過程が異なります。

自立支援医療費(更生医療) の給付

身体障がい者手帳を持っている18 歳以上の人が、指定医療機関において継続的に治療を行うことにより障がい程度が軽くなり仕事や日常生活での活動能力が期待できる場合に医療費を給付します。

手続きに必要なもの

・自立支援医療費( 更生医療) の支給認定申請書
・指定医師の診断書
・身体障がい者手帳
・健康保険証
・印鑑
申請書・診断書の用紙は健康福祉課にあります。

自立支援医療費(育成医療) の給付

身体に障がいのある児童 (18歳未満) が、 指定医療機関でその障がいを除去または軽減するための治療を受ける場合に医療費を給付します。

手続きに必要なもの

・自立支援医療費( 育成医療) の支給認定申請書
・指定医師の診断書
・健康保険証
・印鑑
申請書・診断書の用紙は健康福祉課にあります。

自立支援医療(精神通院) 費の給付

精神に障がいのある人が、指定医療機関において精神疾患の継続的な通院治療を行う場合に、保険対象医療費の自己負担分の一部を給付します。

手続きに必要なもの

・自立支援医療費( 精神通院) 支給認定申請書
・主治医の診断書
・健康保険証
・印鑑
申請書・診断書の用紙は健康福祉課にあります。

補装具費の支給

身体障がい児者が、身体上の障がいを補うべき装具の購入費または修理費について費用を支給します。なお、購入費の支給については指定医師の診断書が必要になる場合があります。

支給対象補装具

車いす、義足、補聴器など

お問い合わせ先

健康福祉課障がい福祉係

住所:〒259-0202 神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
電話:0465-68-1131(内線242・243)
ファックス:0465-68-5119

問い合わせはこちら

更新日:2017年03月10日