65 歳以上の人( 第1 号被保険者) の介護保険料( 平成24 年度~平成26 年度)

65 歳以上の人( 第1 号被保険者) の介護保険料
所得段階 段階の判断基準 割合 保険料(年額)
第1 段階 (1) 生活保護受給者の人
(2) 世帯全員が市町村税非課税で、かつ老齢福祉年金受給の人
基準 × 0.5 25,920 円
第2 段階 世帯全員が町民税非課税かつ前年度合計所得額と課税年金収入の合計が80 万円以下の人 基準 × 0.5 25,920 円
第3 段階 世帯全員が町民税非課税で、 前年度合計所得額と課税年金収入の合計が80 万円を超え120 万円以下の人 基準 × 0.7 36,288 円
第3 段階 前年度合計所得額と課税年金収入の合計が120 万円を超えるの人 基準 × 0.75 38,880 円
第4 段階 同一世帯内に町村民税課税の人がいて、 前年度合計所得額と課税年金収入の合計が80 万円以下の人 基準 × 0.9 46,656 円
第4 段階 前年度合計所得額と課税年金収入の合計が80 万円を超えるの人 基準 51,840 円
第5 段階 本人町民税課税で、前年の合計所得額が125 万円未満の人 基準 × 1.2 62,208 円
第6 段階 本人町民税課税で、前年の合計所得額が125 万円以上190 万円未満の人 基準 × 1.25 64,800 円
第7 段階 本人町民税課税で、前年の合計所得額が190 万円以上400 万円未満の人 基準 × 1.5 77,760 円
第8 段階 本人町民税課税で、前年の合計所得額が400 万円以上の人 基準 × 1.7 88,128 円

介護保険サービスを利用できる人

介護保険サービスを利用できる人
区分 介護保険サービスを利用できる方
65 歳以上の人
( 第1 号被保険者)
常に介護を必要とする状態( 要介護状態) や、日常生活に支援が必要な状態( 要支援状態)となった場合に、サービスが受けられます。
40 歳から64 歳の人
( 第2 号被保険者)
初老期の認知症、脳血管疾患など、老化が原因とされる病気( 特定疾病16種類) により、要介護状態や要支援状態となった場合に、サービスが受けられます。
お問い合わせ先

健康福祉課介護係

住所:〒259-0202 神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
電話:0465-68-1131(内線246・248・249)
ファックス:0465-68-5119

お問い合わせはこちら

更新日:2017年03月10日