介護保険のしくみ

介護保険は高齢者の暮らしを社会みんなで支える仕組みです。
40 歳以上の人全員が介護保険に加入し、決められた保険料を納めます。その保険料と税金を財源にして、介護が必要な人がさまざまなサービスを受けながら、地域で安心して暮らしていけることを目指すとともに、いつまでも自立した生活を送れるよう支援します。
介護保険の利用には申請が必要です。申請は、本人のほか家族でもできます。
申請書は役場健康福祉課介護係窓口に置いてありますので、介護が必要となりましたらお気軽に相談ください。

介護保険料を納める人は40 歳以上の被保険者です。65 歳以上の人( 第1 号被保険者) と40 歳から64 歳の人( 第2号被保険者) の保険料の納め方は異なります。

保険料の納め方

保険料の納め方
区分 保険料 保険料の納め方
65 歳以上の人
( 第1 号被保険者)
本人の所得と市町村の介護サービスの水準に応じて決まります。 受給している年金が年額18 万円以上の人は年金から天引きされます。( 特別徴収)
ただし、年金が年額18 万円に満たない人は、納付書もしくは口座振替で納めます。( 普通徴収)
40 歳から64 歳の人
( 第2 号被保険者)
加入している医療保険の種類や所得によって異なります。保険料の半分は、事業主または国が負担します。 加入している医療保険( 社会保険や国民健康保険) の保険料と併せて納めます。
お問い合わせ先

健康福祉課介護係

住所:〒259-0202 神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
電話:0465-68-1131(内線246・248・249)
ファックス:0465-68-5119

お問い合わせはこちら

更新日:2017年03月10日