セルフメディケーションについて

セルフメディケーションとは

セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と世界保健機関(WHO)は定義しています。

普段から適度な運動を行い、栄養バランスのよい食事をとり、十分な睡眠時間を確保するなど、自分で体調管理と健康の維持を意識して生活をすることが重要です。

また、毎年健康診断を受診して自分の健康状態を知ることも大切です。

日ごろからセルフメディケーションを行うことは生活習慣病の予防につながります。

スイッチOTC医薬品の活用

スイッチOTC医薬品とは、要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品のことで、薬局などで購入することができます。それぞれ購入するときに処方箋は必要ありませんが、要指導医薬品を購入する際は薬剤師からの説明、指導が義務付けられています。

軽度な身体の不調であればOTC医薬品を利用することで、医療費を節約できることがあります。

ただし、複数の薬を飲み合わせる場合などは副作用が出る可能性があるため、薬剤師に相談しましょう。また、体調不良が続く場合は速やかに医療機関を受診しましょう。

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション税制(特定の医薬品購入額の所得控除制度)は、医療費控除の特例として、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

申告の方法や、対象となるOTC医薬品について、詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。

お問い合わせ先

町民生活課町民係


住所:〒259-0202 神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
電話:0465-68-1131(内線231,232,233,234,237)
ファックス:0465-68-5119

問い合わせはこちら

更新日:2021年01月07日