真鶴町役場の通常業務を再開しました(役場に対する爆破予告への対応)

 令和2年11月8日(日曜日)に真鶴町役場に銃乱射や時限爆弾を作動させる旨の予告メールが届きました。

 役場の臨時閉庁の対応をしましたが、令和2年11月10日(火曜日)午後4時半の予告時刻を過ぎても異常が発生せず、その後の巡回でも不審物などは発見されませんでしたので、立入制限を解除しました。

爆破予告への町長コメント

 町では、今回の爆破予告を受け、町民の皆様及び職員の生命を守ることを最優先に考え、庁舎の一時閉鎖という対応を取らせていただきました。

 予告された午後4時半を過ぎ、小田原警察署のご協力のもと、庁舎及び周辺の安全点検を実施いたしましたが、爆発物などの不審物は発見されませんでしたので、先ほど業務を再開いたしました。

 安全確保を最優先に考えた結果とはいえ、庁舎を一時的に閉鎖するという異例の事態となり、町民や関係各位には大変ご迷惑をおかけしました。また、ご協力いただきました皆様には、心より御礼申し上げます。

 この件に関しては、警察や関係機関と連携し、引き続き安全確保に努めてまいります。

 

令和2年11月10日

真鶴町長 松本一彦

経過報告

11月10日(火曜日) 午後5時臨時閉庁終了及び営業再開

11月10日(火曜日) 午後4時45分特別警戒解除

11月10日(火曜日) 午後4時臨時閉庁開始(庁舎及び敷地内立入制限)

11月10日(火曜日) 午後3時半小田原警察署による特別警戒の開始

11月9日(月曜日) 記者発表、ホームページ掲載、町内放送、真鶴町お知らせメールの配信関係機関へ情報提供。庁舎の巡回点検実施及び警戒体制の強化

11月8日(日曜日) 職員がメールを確認後、小田原警察署に通報

11月8日(日曜日) 「11月10日に真鶴町役場を爆破する」件名のメールを受信

爆破予告メールの概要

【令和2年11月8日(日曜日)、町ホームページのお問い合わせフォームに】

件名:11月10日に真鶴町役場を爆破する。

 

「11月10日午後4時半に、通用口から猟銃を乱射して職員・住民を殺害する。その後3階男子トイレに仕掛けた時限爆弾を作動させ生き残りを全員殺害する。命が惜しければ365BTCを送金しなさい。」

お問い合わせ先

総務課防災係

住所:〒259-0202 神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
電話:0465-68-1131(内線314,315)
ファックス:0465-68-5119

お問い合わせはこちら

更新日:2020年11月10日