石のまち真鶴町の石造物

真鶴町にはたくさんの石造物がありますが、そのうち産業遺産・文化遺産に関わる10個の石造物にQRコード付きのプレートを設置しました。

QRコードを読み取ると、ホームページの該当説明ページが表示されます。

与謝野

01 ふるさとの碑

【設置プレート(原文)】

真鶴について顕彰する碑。貴船神社、真鶴岬、相模湾や石材採掘・運搬等、真鶴を代表する史跡、名勝、産業について記されている。

 

【石碑等管理台帳】

設置場所:真鶴駅待合所内

設置時期:昭和46年(1971年)6月

発起人:真鶴町長 尾森東次(昭和39年(1964年)10月~昭和51年(1976年)10月在任) 他

管理者:真鶴町

02 源頼朝 船出の浜 案内板

【碑文(原文)】

石橋山の合戦 治承4年(1180年)に敗れた源頼朝は、箱根山中や鵐窟(しとどのいわや)などに難をのがれ、謠坂を経てこの海岸から房州(千葉県)に向かって船出し、虎口を脱したと伝えられています。

船出に協力した村民たちの鮫追船(さめおいぶね)2そうについては税が免除されたといわれ、小田原北条氏によるその確認の文書が伝えられています。

海岸東の崖の下には、塩谷温博士の文による源頼朝開帆記念の碑があります。

 

【石碑等管理台帳】

設置場所:岩旧警察駐在所跡地

設置時期:不明

設置者:真鶴町

管理者:真鶴町

備考:昭和63年(1988年)頃、石を使用してのサインを検討されていたその1つとして設置されたもの。

03 源頼朝 開帆處の碑

【設置プレート(原文)】

石橋山の合戦に敗れた源頼朝が、再起を期して、この浜から房州に向けて船出したとされる。それを記念した石碑。

 

【石碑等管理台帳】

設置場所:岩旧警察駐在所跡地

設置時期:昭和12年(1937年)1月

設置者:不明

管理者:真鶴町

裏書き:石寄付 遠藤興之吉、岩村保勝会(7名)、朝倉常吉、平井大海、二見榮三郎、鈴木銀次郎、鈴木豊之助、露木虎治、富田吾兵衛

備考:以前は大浦海岸の奥に設置されていたが、それを現在の場所に移設したもので、設置場所が町管理地であるため、町で管理している。

04 築港記念の碑

【設置プレート(原文)】

岩地区における漁業の要港として、真鶴港の築港と併せて同時期に築港された。それを記念した石碑。

 

【石碑等管理台帳】

設置場所:岩漁港 いけす前

設置時期:昭和9年(1934年)4月

設置者:真鶴町外2ケ村組合長 松本赳

管理者:真鶴町

備考:「05真鶴漁港の碑」と同時期に設置

05 真鶴漁港の碑

【設置プレート(原文)】

石材運搬の積み出し及び漁業の要港として、昭和9年(1934年)に築港された。それを記念した石碑。

 

【石碑等管理台帳】

設置場所:消防第1分団前県道付近

設置時期:昭和9年(1934年)4月1日

設置者:真鶴町外2ケ村組合長 松本赳

管理者:真鶴町

備考:「04築港記念の碑」と同時期に設置

06 しとどの窟の案内板

【碑文(原文)】

源頼朝が、治承4年8月(1180年)石橋山の戦いに敗れたとき、この地にあった岩屋に一時かくれて難をのがれました。その時、大庭景親の追手があやしんで中をのぞくと「シトト」といわれる鳥が急に舞い出たので、人影はないものと立ち去った、ということから鵐窟といわれ、かつては高さ2メートル深さ10メートル以上の大きさがありました。江戸時代に陰山道人による頼朝画像と銘文のある石碑が残っています(注)。

 

(注)頼朝画像と銘文のある石碑は、鵐窟前の広場(品川台場礎石の前)にあります。また、複製が町民センターの入口自動扉脇に設置されています。

 

【石碑等管理台帳】

設置場所:鵐の窟地内

設置時期:不明

設置者:真鶴町

管理者:真鶴町

備考:各地にこのような石の案内板が多く有り、昭和63年(1988年)頃町産業観光課で、サインとして設置。

07 与謝野晶子の歌碑

【設置プレート(原文)】

歌人の与謝野晶子が、当地を訪れた際に、ここから岬を見下ろしたときに詠んだ歌。三ツ石が、相模湾を二つに分けるような海の情景を詠みこんだ。

 

【石碑等管理台帳】

設置場所:ケープパレス裏庭三ツ石海岸下り口付近(町有地)

設置時期:昭和27年(1952年)11月

設置者:真鶴町

管理者:真鶴町

備考:昭和27年(1952年)7月23日、半島のお林が真鶴町に払下げされ、当時これを機に真鶴半島を観光の拠点として利用したいと考え、半島三つ石に因んだ与謝野晶子の歌碑を観光協会を中心に設置したもの。

08 幕末の台場の堤築

【碑文(原文)】

江戸時代の末期、外国船が日本の近海にも現れるようになると、幕府は「外国船打ち払い令」を出して海防を厳重にした。小田原藩でも、小田原海岸に3ヶ所の外、大磯の照ヶ崎海岸と真鶴岬のこの場所の計5ヶ所に台場(砲台)を築きました。この台場は、たて約36メートル、よこ約30メートルの規模をもっていましたが、その台座の石材が、わずかに当時のおもかげをつたえています。

 

【石碑等管理台帳】

設置場所:ケープパレス裏庭三ツ石海岸下り口付近(町有地)

設置時期:昭和63年(1988年)頃

設置者:真鶴町

管理者:真鶴町

09 胎中楠右衛門の石像

【設置プレート(原文)】

昭和初期に活躍した政治家。衆議院議員を4期務めた。真鶴港の築港に尽力し、真鶴の海と山に関わる生活基盤が整えられたのは、彼の功績によるところが大きい。

 

【石碑等管理台帳】

設置場所:石の広場内(町有地)

設置時期:平成元年(1989年)

設置者:不明

管理者:真鶴町

備考:町内の何れかに設置されていたものを、石の広場に移設したもので、土地管理者である真鶴町が管理。

10 町有林記念の碑

【碑文(要約)】

江戸時代、明暦の大火により木材が大量に必要になったことから、幕命により小田原藩に割り当てられた15万本の松苗が萱原だった真鶴半島に植林され、古くから真鶴人に「お林」と呼ばれ、沿岸漁業の魚附保安林として親しみ育成されてきました。

当初は村有でしたが、その後小田原城主の所領するところとなりました。また、明治維新後の1800年代後半には皇室「御料林」となりました。

太平洋戦争の終結とともに「御料林」のあり方も大きく変化し、昭和22年(1947年)に国有林となりました。

その後、全町民挙げての国有林払い下げ運動が功を奏し、昭和27年(1952年)に待望の払い下げが実現しました。

この記念碑は先人たちの努力に敬意を示すとともに、町永遠の財産として永く子々孫々に伝えるために昭和30年(1955年)に建立されました。

 

【石碑等管理台帳】

設置場所:美術館横遊歩道入り口付近(町有地)

設置時期:昭和30年(1955年)4月1日

設置者:真鶴町長 橋本徳治(昭和23年(1948年)11月~昭和39年(1964年)10月在任)

管理者:真鶴町

お問い合わせ先

政策課戦略推進係

住所:〒259-0202 神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
電話:0465-68-1131(内線351,352)
ファックス:0465-68-5119

お問い合わせはこちら

更新日:2020年07月17日