農地の権利移動・転用

農地を耕作目的で売買や貸借を行う場合は、農業委員会の許可が必要です。
また、農地を所有者が使用する目的で宅地、駐車場、資材置場等の用途に転用する場合( 農地法第4 条) や転用目的で売買や貸借を行う場合( 農地法第5 条) は、農業委員会、県知事または農林水産大臣の許可が必要です。これらの許可や届出をせずに行われた売買、貸借または転用は、法的な効力がないばかりでなく、悪質と判断される場合は、罰則が課されることがありますのでご注意ください。申請、届出の手続きについては、農業委員会事務局にご相談ください。

農地の相続税の納税猶予制度

農地を相続、贈与された人が、引き続き農業を営んでいく場合、一定の要件を満たせば農地の相続税、贈与税が猶予されます。
納税猶予の証明願いは、申告期限の2 か月前までに提出してください。
定期的に税務署より農地の使用状況の調査があります。

ふれあい農園貸付事業

ふれあい農園貸付事業は、農業者以外の人が、野菜・花などを栽培することにより自然にふれあい、農業に対する理解を深めるなどを目的として実施していきます。

ふれあい農園j貸付事業
貸付期間 2 年間( ただし、途中解約することができます。)期間満了後、引き続き対象農地を借り受けよ
うとするときは、再度申込みをしていただきます。ただし、申込者多数の場合は新規申込者を優先します。
貸付料 一区画( 約30平方メートル ) 年額6,000 円
利用者 町内在住で、農家でない人。
1 世帯1 区画( 全10 区画)。
税金などを納期内に納付している人。
募集方法 一般公募( 広報誌等により)
選考方法 応募者多数の場合、区画割当は、公開抽選会を実施しています。

真鶴町農業委員会の活動計画・点検評価

 農業委員会等に関する法律第37条の規定に基づき、真鶴町農業委員会の「平成28年度の目標及びその達成に向けた活動の点検・評価」並びに「平成29年度の目標及びその達成に向けた活動計画」を策定しましたので公表します。

お問い合わせ先

真鶴町農業委員会

住所:〒259-0202 神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
電話:0465-68-1131(内線331)
ファックス:0465-68-5119

お問い合わせはこちら

更新日:2017年06月30日